伊藤さんの脱貧乳日記

子どもを産んで胸がしぼんだ主婦が、授乳・卒乳後の貧乳に抵抗中

バストアップにタバコはなぜ悪い?その理由と代表的な禁煙方法

   

バストアップに良いと言われる食材や栄養素がある一方で、バストアップに悪いと言われているものもあります。

その中でも「百害あって一利なし」の代表例のようなものがタバコ。

健康にも悪いし美容にも悪い。はてはバストアップにも悪いという、三方がバツで固められている状態。

さてなぜタバコがバストアップに悪いのか?

その理由と、代表的な禁煙方法をまとめてみました!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

バストアップになぜタバコは悪いのか?理由を徹底解説!

(‘Д’)「タバコはなぜバストアップに悪いんだ!」

と、激しい疑問が湧き出るなんてことはなく、まぁそりゃ悪いよねっていうのが正直な感想ではないでしょうか。

だいたいにおいて、万物に悪い影響があるであろうタバコ。

良いとすれば、吸っている本人の精神安定剤的な側面があるということくらいでしょうか。

 

ということで、タバコがバストアップに悪いであろうことは周知の事実。

ではどのように悪いのか?その理由と原因は何なのか?

タバコをやめたいけどやめられない人もいるでしょう。

そんな方の中には、それでもバストアップをしたいという人もいるでしょう。

理由と原因を知っておけば、「こうすればせめて良くなる」という方法も見つかるのではないでしょうか。

 

例えば、「喫煙でビタミンCが減っちゃうのなら、ビタミンCの含有率が多い食べ物を多くしようか」などなど。

タバコがバストアップに及ぼす影響を考えつつ、どのように対応していくかも検討してみてください。

タバコって何?

ナス科タバコ属の植物を、乾燥・調整・熟成させて作る。

タバコの煙には約200種の有害物質が含まれており、喫煙者だけでなく、受動喫煙による健康被害もあると言われる。

含まれているニコチンには依存性があり、やめるのも一苦労なのである。

 

タバコがバストアップに悪い理由

さてでは、タバコがバストアップに悪いとされる理由をまとめてみます!

 

ビタミンC不足になってしまう

女性にとって、タバコを吸うことによる最大のデメリットがこれではないでしょうか。

ビタミンC不足になることで、肌のハリは失われシミは増えシワが目立つようになる。

ビタミンCは別名「若返りのホルモン」と呼ばれ、美白やコラーゲンの生成にも必要です。

 

コラーゲン生成に必要ということで、思い出したいのはクーパーじん帯のこと。

これは胸を支えている部分で、ここが伸びると垂れやすくなるんですよね。

クーパーじん帯はコラーゲンでできています。

コラーゲンの再構築機能があるビタミンCは、クーパーじん帯の強化につながります。

クーパーじん帯についての詳しくはこちらをどうぞ。

産後のクーパー靭帯が垂れ下がりの原因に?胸を復活させるために考える
クーパー靭帯って聞いたことがあるでしょうか。クーパー靭帯というのは、胸の脂肪や乳腺を支えるようにしてつなげている、コラーゲン繊維の束のこと。ザックリとした図...

 

じゃあ、なんでタバコを吸うとビタミンC不足になるのさ?と。

 

ニコチンが体の中に入ってくると、有害物質を攻撃するために活性酸素が発生します。

その活性酸素と戦うために必要なのが、ビタミンC。

1本のタバコを吸うと、一日に必要なビタミンC量(100mg)の約半分が失われるといいます。

タバコを吸う人は、普通の人の2倍くらいのビタミンCが必要になりそう。

 

女性ホルモンの分泌が低下する

バストアップの代表的な方法として、イソフラボンが含まれる食材を摂取するというものがあります。

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをするからです。

バストアップにとってエストロゲンは重要な役割を持っていて、

エストロゲンの分泌アップ→乳腺発達→バストアップ

という、シンプルな図式が存在し、それを我らバストアップ実践者は辿ろうとしているわけですね。

 

ニコチンは体内に入り、卵巣の血流減少を起こします。

そして同じくタバコの中に含まれる一酸化炭素は中毒症状を起こし、女性ホルモンをつくるための酵素の働きを低下させます。

この動きによって、女性ホルモンの分泌量は低下。

また、女性ホルモンを早く失活させてしまうとも言われています。

 

その他

エラスチンの破壊によって、肌のハリや弾力が失われがちに。

もちろん胸の肌にも同じことが言え、たるんだ皮膚では胸を支えにくくなります。

また、がんの発生リスクが増えるのも看過できない点。

肺がんだけでなく乳がんのリスクも激増します。

 

タバコは「バストアップできない」だけでなくサイズダウンにつながる

「バストアップできない」「現状維持」

これだけならまだいいんですが、場合によってはサイズダウンにつながることも。

成長期を過ぎてからのバストサイズは、1センチたりとも無駄にできない大事なバスト!

今の形のままサイズダウンならまだしも、垂れたりシワシワになったりというのは避けたいですよね。

 

できるものならやめたい。害だってちゃんと知ってるさ。

でもやめられないから困ってるんだ!

ということで、代表的な禁煙方法をまとめてみました。

 

女性に向いてる代表的な禁煙方法は?

禁煙にはいくつも方法が紹介されており、目にしたことがある方も多いと思います。

「いきなりやめなくていい。少しづつ本数を減らせ」

「覚悟を決めてキッパリとやめることが大切」

方法によって言ってることが真逆だったりすることもあるんですが、きっとそんなもの。

自分に合う方法を見つけることが、まず一歩目ですね!

 

大手団体が紹介している禁煙方法

厚生労働省『禁煙7日前から行う、禁煙のコツを教えます!』

ファイザー『禁煙してみようと思ったら?』

国立循環器病センター『たばこのやめ方』

SGホールディングスグループ健康保険組合『あなたに適した禁煙方法は?』

かがわ健康福祉情報ネットワーク『禁煙したい人のために』

 

いろいろな団体から禁煙方法についての提示がなされています。

が、マクロミルの調査によるとおすすめの禁煙方法について

1位 ひたすら我慢する:41.9%

2位 口寂しさを紛らわせるものを準備する:24.3%

3位 周囲に宣言する:8.4%

データ引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000252.000000624.html

何と第一位は超古典的なガマン!

どんなアイテムを使っても、やめるのはやっぱりガマンなくしては無理だということですね。

 

まとめ

禁煙は大変ですが、メリットも非常に多いです。

特に女性にとっては、見た目への変化も著しいことと思います。

我慢の末に得られるもののことを思って、少しづつでも始めてみてください。

 

kanren

 - 食事や生活習慣, しぼんだ胸を元に戻す方法